出会い系体験談

  • 投稿日:
  • by

私は40代前半の男性です。日常生活ではなかなか出会いが無く、ネットを中心とした出会い系サイトで良縁を求めて活動をしてきています。私の出会い系サイトでの失敗の体験談と経験談を何点か書かせて頂きます。

最初の失敗体験談について記します。

会う前にメッセージ交換で当たり障りの無い話題をして、私が知りたい相手の内面的な性格や価値観を引き出そうとしましたが、余計なことを聞き過ぎて相手から返信がもらえなくなってしまったことです。

この経験から、まずは会ってみないと分からないと思い、核心に触れるようなことは聞かずに会うところまで漕ぎつけたのですが、会ってみると全く基本的価値観が異なる人で、決して仲が発展するとは思えませんでした。こうした出会い系サイトにおいてはまずはメッセージのやり取りからなので、どんな相手でも難しさを感じます。

次の失敗は目的が全く異なる人と出会ってしまったことです。

ある女性会員と趣味が一致する部分があり、事前のやり取りにおいてその点は話が弾みました。一定の期間メッセージのやり取りをして、会うことになりました。

私は結婚を目的として活動しているのですが、会ってみたところその女性は趣味の友達を探していただけで結婚願望は全く無いとのことでした。その話をしたことでお互いに白け、気まずい雰囲気でその場を去ることになりました。

次の失敗はこれもネットによるやり取りの難しいところで、私の誤解の可能性もあります。私は当初は写真を不特定多数の人間に公開するのが嫌だったため、最初は伏せていました。ある会員と多少会話が弾んだのでお互いの写真を交換することになりました。

私が先んじてお相手に写真の情報を送ったのですが、そこから丸2日ほどお相手から何の返信もありませんでした。

写真を見てタイプでは無かったので途端に返信をしなくなったのだと私は解釈して、不誠実な応対であると感じたことを先方にメッセージしました。

すると、外出をしておりサイトにアクセスしていなかったとのことでした。当然、私のメッセージに気を悪くしたお相手とはそれっきりになりました。

それまでは割とこまめに返信をしてくれたのに写真を送った途端に返事が無いことは明らかに不自然でしたが、本当に見ていなかった可能性もあります。焦らずに粘り強く活動する必要があることを実感しました。

最後の失敗になりますが、実際にお会い出来た人と初対面で食事をして、私がお相手の食事代も持つことになりました。

しかし、その後お相手からはそれっきりで返信をもらうことはありませんでした。私もそれまでのメッセージのやり取りとは異なり、実際の対面でのお相手の印象はそこまでピンとくるものが無かったので、お相手も同じ気持ちだったと思います。

この歳で相手と意気投合するなど、雲を掴むような話なのだと思い、初対面で食事をするのは出来るだけ控えようと考えるようになりました。私は堅実で対等な考え方なので、こうした状況になると相手に食事をおごった自分の判断が嫌になってしまいます。

以上、出会い系では様々な失敗を重ねていて、成功することが難しいことを出会い系体験談で感じています。