真性包茎と仮性包茎

  • 投稿日:
  • by

このサイトは、20代で包茎に悩んでいる男性のために、真性包茎と仮性包茎、それぞれについて、包茎手術することなく改善する方法を紹介するサイトです!
私は、以前、包茎でした。真性包茎に近い仮性包茎です。そして、包茎であることに結構悩みました・・・。
包茎だとちょっと女性に対して強気にいけない・・・。それだからと言って、包茎手術しようとまでは思わない・・・。お金もないし・・・。
だから、包茎についていろいろ調べましたし、同じ包茎の友人、知人といろいろ試しました。
その方法をこれから紹介したいと思います。


真性、仮性に限らず、日本人には包茎が多く、私自身もその1人でした。 でも、真性包茎は仮性包茎より悩みは深刻です。

皮をむくと痛いし、ペニスも刺激に慣れていないので、とにかく刺激に弱い。私もむく練習を何回もしていました。

最初は、怖かったです。カントン包茎の状態になるんじゃないかと・・・。

包皮をむいたまま根元でペニスを締め付けて戻らなくなったらどうしようか!等々・・・。とにかく、私は、心配症でした。

そんな時、包茎の先輩から、毎日少しずつアソコの皮をむく練習をしていれば、少しずつ包皮が伸びるから大丈夫だと言われました。

確かに、人間の皮膚は伸びます。よくダイエットした人が痩せても皮膚がのびたまま戻らないという状態を何度もテレビの番組で見たことがあります。

22歳の私には、希望が見えました。「皮は、伸びる!」その確信が悩みから希望に変わりました。

その先輩から教えてもらったこの器具で、毎日少しずつ、ペニスの包皮をむく事を繰り返しました。すると少しずつ皮が伸びている事を実感できました。

1ヶ月もすれば、根元まで簡単にむけるようになりました。何か自信みたいなものが出てきました(笑)

それからは、できるだけ皮をむいた状態で過ごすことを心がけました。

皮が、すぐに元に戻ってしまいがちでしたが、ペニスをできるだけ外に出して刺激に強くなるようにしたんです。

最終的には、エッチする時には、皮をむいていました。勃起した状態で皮をむくとなんとか、ペニスむき出しの状態を維持できました。

この時点では、勃起した時は、手でむけば、包皮はむけています。でも、通常は、相変わらず包茎の状態です。


勃起して、皮をむいたらペニスがむき出しの状態を何とか維持できたので、包茎の悩みは半分は解消されました。
 
でも、勃起したら勝手に包皮がむけてペニスがむき出しになる状態に憧れていました。

そして、またいろいろ調べました。結果、手術で皮を切除(包茎手術)するか、ペニス自体を増大させるしかなさそうです。

最初に書いたように手術は嫌でした!包茎手術について、いろいろ調べてみるとどうも失敗例もあるようです。

皮を切りすぎたとか、傷口が炎症をおこして他の病院で見てもらったとか、何か月たっても傷口が痛い等々・・・。

だから、私には、包茎手術の選択肢はありません。残すは、ペニス増大です!

ペニス増大方法も2つあります。

手術とサプリメントです。当然私は、サプリメントを選びました!

ただ、実際飲んで効果があるかどうかが疑問でした。ペニス増大サプリを飲んでも体に影響ないのか心配でした。

私は根っからの心配症なんです。だから、とことんどういう理屈でペニスが大きくなるのか調べました。

どうやらL-シトルリンという成分が、ペニス増大に効果があるという事でした。

L-シトルリンは、アミノ酸の一種で、日本人研究者がスイカから発見した成分です。だから、天然の成分なんですね!

L-シトルリンを摂取すると、ペニスまわりの毛細血管が広がるため、海綿体に血液がスムーズに流れ込むようになるようです。

ペニス周りの血流がよくなる事により、成長ホルモンを分泌するアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの十分な栄養素がペニスに吸収されやすくなり、ペニスの増大につながるようです。

かなり調べましたが、実際に飲んでいる人も何人か周りにいて、安全そうでした。

L-シトルリンのサプリメントは、いろんな会社から発売されています。海外の商品が多いようです。

でも、心配性の私は日本製にこだわりました。海外製はやはりちょっと怖い!

そして、見つけました!日本製のL-シトルリンのサプリメント「ゼファルリン」を!

このサプリメントを今でも飲んでいますが、半年くらい飲んだあたりから、明らかにペニスが一回り大きくなりました。

勃起した時に自分で皮をむかなくても、自然に包皮がむけて、ペニスがむきだしになるようになりました。

その時の喜びったらありませんでした。ものすごいやりきった感です!通常時は、仮性包茎の状態ですが、ペニスの露出面積は、以前よりも格段に広くなりました。

もう、包茎の悩みもほとんど無くなったと言っていい状態になりました!

ペニスが増大する感覚というのは、男性なら分かると思いますが、射精する瞬間にペニスが一瞬増大すると思うんです。

その増大した状態が普通の勃起した時に最初から維持しているという感じです。

ペニス、陰茎がパンパンになる状態ですね!

一定のペニス増大効果あったのに、なぜ、ゼファルリンをまだ飲んでいるかというと、飲んでいると体調がいいからです。

L-シトルリン以外にも朝鮮ニンジン等の滋養強壮成分がたくさん入っているから普通にサプリメントとして、以前よりも量は減りましたが、たまに飲んでいます。

包茎の弊害

包茎の弊害は、洗わないとすぐに亀頭が汚れてしまい。ペニスが不潔になりやすいことです。
 
アカがたまり、白いものが亀頭の周りに付着しますが、「あの白いもの全てがばい菌だと思いなさい」と泌尿器科の世界では言うようです。

不潔であること、それが原因で性の病気に発展することがあるらしいので、常に清潔にしていないといけません。

亀頭はすぐ不潔な状態となり、病気のリスクはすぐ高まります。他にも、包茎だと避妊がうまくできないということです。

避妊の際にはコンドームをつけますが、包茎だとなかなか装着できず、行為の最中に外れてしまうことがあるのだそうです。

そうなると、避妊をしてたつもりなのに妊娠したり、性病にかかってしまうことがあり、気をつけないといけないようです。

日本人の多くは包茎なので、他人事ではないことを悟りました。包茎では性器の発達も妨げられ、何より包茎の悩みを抱え込んでしまいますので、メンタル面に大きな影響を及ぼします。

確かに、私の大きさは人より小さいですし、包茎であることが恥ずかしくて女性にも言いたくありませんでした。

銭湯などで大きい人を見かけると、すごく堂々とされていて、自信にみなぎっています。

欧米の方々は大きい人が多く、いつも堂々とし、日本人は包茎が多く、自信なさげ。なるほどなと感心しました。

包茎で得したことなんてまずありません。それ以上に損することが多いのが包茎最大の弊害だと思います。20代の内に治しておきましょう!